FC2ブログ
HOME   »  プロフェッショナルについて考える
Category | プロフェッショナルについて考える

プロフェッショナル

プロフェッショナル、という言葉が大好きです。

ご承知の通り、オーストラリアにはあまりプロフェッショナルという人種は多くないようで、日常生活でも

駅名を知らない駅員さん

話が聞けない電話受付

道を知らないバス・タクシーの運転手

「ありがとう」の一言さえ言えない店員

マッサージ業で言えば、

お客様の意向さえ一切聞こうとしないセラピスト

手が冷たい、知識がない、セラピスト

不潔なクリニックに横柄なレセプショニスト

などなど・・・

シドニーで生活していると、嫌でも出会いますよね?

その職業についているという「誇り」と「責任感」の徹底した欠如が起こしているのでしょう。

手前味噌ですが、言わせていただくと、

プロフェッショナル、という言葉が大好きです。

究極のマッサージ技術を極めたい。

常にお客様を笑顔にするようなサービスを心掛けたい。

自分の名前に負けない「匠(たくみ)を司(つかさどる)」ようなヤツになりたい。

どうすればプロフェッショナルなマッサージセラピストになれるか、を日夜考えています。


スポンサーサイト


☆☆☆☆☆☆シドニー・ゴスフォードで一番の治療院になります!骨盤矯正・腰痛・肩こり・姿勢矯正に!☆☆☆☆☆☆

Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~

Tel: 0413-342-991

Web: www.shojimassage.com

Sydney Clinicのホームページ(日本語です!) 

E-mail: shoji@shojimassage.com

Facebook: www.facebook.com/ShojiMassageClinic

動画にも参戦!! Youtubeへ!!

New -->> 本を出版しました!! アマゾンのキンドルストアへ!!




「プロフェッショナル」について考える (上)

以前に一回だけ書いたことのあるテーマですが「プロフェッショナル」という言葉が大好きで、四六時中「どうやったらプロになれるか?」を考えています。

僕の住んでいるオーストラリアには、本当にプロフェッショナルと呼ばれるに値する人が本当に少ない!

本当に本当に少ない!!

どれぐらい少ないかというと、街を歩けばすぐに判明します。

例えば、シティにある百貨店へ、ある物を買いに出かけることにしましょう。


まず、バスに乗ります。

運転手さん道間違えます。

ルートを変えて電車にします。

車掌さん駅名知りません。または券売機壊れています。

ならば、タクシーで行くことにしました。

運転手さん、道を知らないだけでなく、英語すら話せません。

文字通り話になりません( ´Д`) <ハァ~~ 


なんとか店に着きました。

店員同士はペチャクチャ話をしていて、客は無視されます。(〆。`∪´)凸 

マーケッティングの係りが疎かにしているため、本当に欲しい、もしくは必要な商品が見つかりにくいです。(◆屮`曲´)屮 

探し物が見つからなくて仕方なく店員に話かけると、イヤな顔をされます。щ(`ε´゛щ)  

で、何とか探し当てて商品を持っていくと、レジ係の人が、「こっちのレジはもう閉めたからあっちへ行って」と言われ、あっちへ行くと「こっちは閉めたので・・・・」と言われます。ヾ(怒`□´)怒 


「何で客側のこちらが…」と納得がいかないことばかりです。



こうして何とか手に入れた商品ですが、不具合がありまして、クレームの電話をすることにしました。

まずは、電話口でアナウンスに従ってボタンを押していきます。

長~い間待たされます。プチ放置プレイです。

ようやく出た係りの人は、客商売を舐めているような口調で説明します。クレーム係の人は基本的に「話が聞けない・話を聞かない」アンハッピーな人だらけです。

もしくは、アクセントの強いカレー発祥の国に回され、お互いの英語が通じません。

説明をようやく聞いてくれたようになると「私の責任じゃないんだけど」みたいなことを言われ、他の係りの人に回されます。

そのまま忘れ去られます。ガチ放置プレイです。


電話を切るしかなくって、振り出しに戻る…。



もういい加減腹が立ってきます。レストランに入ることにしました。

笑顔の一切無いウェイトレスに、サービス精神のかけらもないキッチンスタッフが目に付き、非常に不愉快です。

料理は、遅いの・まずいの・高い~の♪の3拍子が普通で、吉野家のフレーズの正反対を見事に実現してくれます。


もうヘトヘトで帰路に付きます(´Д`)ハァ…。


電車20分遅れです。

(続く)


☆☆☆☆☆☆シドニー・ゴスフォードで一番の治療院になります!骨盤矯正・腰痛・肩こり・姿勢矯正に!☆☆☆☆☆☆

Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~

Tel: 0413-342-991

Web: www.shojimassage.com

Sydney Clinicのホームページ(日本語です!) 

E-mail: shoji@shojimassage.com

Facebook: www.facebook.com/ShojiMassageClinic

動画にも参戦!! Youtubeへ!!

New -->> 本を出版しました!! アマゾンのキンドルストアへ!!




「プロフェッショナル」について考える (中)

昨日は、多少僕らしくない文章でシドニーの客商売のいい加減さを書いてみました。結構そのネガティブさに自分自身でダメージを受け(笑)、罪悪感さえ感じてしまいました。

その昨日の記事についてですが、これはあくまでも、僕の経験したことの抜粋です。一日で起きたわけではありませんが、誇張はまったくありません。多少の偏向傾向はあっても、シドニーで日々起きていることの平均値だと思います。

その「アンプロフェッショナリズム」の対極にあるエピソードを一つ。これは僕が大学時代に読んで感銘を受けた国際ジャーナリストの経験した話です。

ジョン・F・ケネディの時代のアメリカで、ある極右の政治結社のリーダーが

「ニグロを殺せ!ユダヤ人はガス室へ、東洋人はアジアへ送り返してしまえ!!」

と過激な演説を行って、逮捕された。

皮肉なことに、彼を弁護したのが、ユダヤ人の弁護士。

彼は素晴らしく優秀な弁護士で、全力を尽くして裁判で弁護した結果、その過激な主張をする男を無罪にしてしまった。

そして、判決の後の記者会見で、彼が弁護士に向かってこういう。

「オレはアンタのおかげで勝ったが、それでもアンタらの同胞がガス室に送られるのを期待してるぜ」

と。

その若い弁護士は眉一つ動かさず、こう答えた。

「私は自分の全てをかけても、あなたのその意見に反対する。ただし、同時に私は弁護士として、あなたがそれを言う権利は命をかけて守る」

と。

すごいエピソードだと思いませんか?

この徹底したプロ精神・プロ意識・プロ根性、それにプライドと責任感。

もちろん、向こうは華々しい世界の「弁護士」で、僕はしがない「マッサージ師」、住む畑は違い同等に考えることはできません。

だけれども、根底に繋がっている「プロフェッショナルな客商売」としての根っこは同じです。

この「命をかけたプロフェッショナリズム」には、本当に考えさせられるし、せめてその高い意識レベルでだけは負けないようにしたい、と常に刺激を受けています。

自分の座標軸になるしっかりした「プロフェッショナル」像を持ってこれからも施術に望みたいと思います。




CTRL+Dキーで「お気に入り」に追加を!!

☆☆☆☆☆☆シドニー・ゴスフォードで一番の治療院になります!骨盤矯正・腰痛・肩こり・姿勢矯正に!☆☆☆☆☆☆

Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~

Tel: 0413-342-991

Web: www.shojimassage.com

Sydney Clinicのホームページ(日本語です!) 

E-mail: shoji@shojimassage.com

Facebook: www.facebook.com/ShojiMassageClinic

動画にも参戦!! Youtubeへ!!

New -->> 本を出版しました!! アマゾンのキンドルストアへ!!




「プロフェッショナル」について考える (下)

3部にわたって続いたこの「プロフェッショナル」について考えるシリーズですが、今日で最後です。

一昨日は非常に罪悪感を感じながら(苦笑)、愛するシドニーの悪口を書いてしまいました。

と言うのも、僕自身がシドニーに10年以上住んでいて、どうしても腹に据えかねているものがあるということと、今現在シドニーで独立してビジネスをやっていく中で、本当にこの「プロフェッショナル」の意味を考える機会が増えたこともあり、どうしても考えをまとめ、しっかりした「プロフェッショナル哲学」を再構築してみたかったせいがあります。

Shoji Massage Serviceの3文字に入っている「サービス」の文字は伊達じゃない、と胸を張って言えるようになりたいと考えています。

そのためには、

どうやったらお客様のお力になれるか?

どのようなサービスをお客様が望んでいるのか?

どうやったらお客様を高いレベルで満足させ、喜ばすことが出来るのか?

そして、どうやったら社会への還元や、人類への貢献が出来るのか?

等々を突き詰めて考え、実行していかなければいけません。

その日々は険しいが、楽しい。

僕の得意な、一歩ずつ進む、牛歩ならぬ“亀歩戦術”で向上していきたいと思います。

最後に、経済学者であり、様々な役職を兼任する中谷巌さんの唱える、プロフェッショナルの最低条件を

1つ、自分の仕事に命をかけている。

1つ、常に高い目標を持っている。

1つ、プロは必ず結果を出す。

1つ、常に感謝の気持ちを持ち、社会や支えてくれた人たちに恩返しをしたいと思っている。

1つ、「努力はいつか報われる」と信じていること。

あなたはいくつ当てはまりますか?


☆☆☆☆☆☆シドニー・ゴスフォードで一番の治療院になります!骨盤矯正・腰痛・肩こり・姿勢矯正に!☆☆☆☆☆☆

Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~

Tel: 0413-342-991

Web: www.shojimassage.com

Sydney Clinicのホームページ(日本語です!) 

E-mail: shoji@shojimassage.com

Facebook: www.facebook.com/ShojiMassageClinic

動画にも参戦!! Youtubeへ!!

New -->> 本を出版しました!! アマゾンのキンドルストアへ!!




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

杉森しょうじ

Author:杉森しょうじ

南半球の楽園・オーストラリアはシドニー郊外ゴスフォード在住。

そこで愛する妻、同じく愛するペッパー(オス・10歳)・リッキー(メス・3歳)と共に幸せに暮らしています。

国家公認リメディアルマッサージセラピストとして、クリニックをゴスフォードとシドニーにて運営。

リメディアル(Remedial=治療の)という通り“治す”を重視した施術を行っております。

おかげ様で、両院ともに地元の方々から圧倒的な支持を受け、“行列のできる治療院”と呼ばれています。

過去に酷い腰痛を18年抱え、大げさでなく、生涯収入の半分ぐらいを費やして治しました。

腰痛闘病記

そんなわけで辛い故障を持った患者様の気持ちは100%分かるつもりです。

【全部分かる】

ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛・スポーツ障害・酷い肩こりなどなどに苦しんでおられる方

一度、ご相談してみませんか?

姿勢そのものを改善させ、問題を根本的に解決させていきます。

在豪20数年ほど、益々思い通りの人生が描けてきて、ワクワクしつつ生きている今日この頃。

ドえらく恵まれた人生

えっ!?僕がCDデビュー!? 

詳細はこちら

本を出版しました!!

海外で、セラピスト ~僕の夢の叶え方~


プロのセラピストにもご指導させていただいています。

アイ・ラブ・ユー・オール!!!

僕のYoutubeチャンネルです!

シドニーのカリスマ・セラピストしょうじチャンネル

≪人生で出会う人たち全員をハッピーにする≫をモットーに生きています。

Facebook
オススメ読み物
作者が選んだお気に入りの記事リスト
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QRコード