fc2ブログ
HOME   »  腰痛闘病記  »  腰痛闘病記⑮ 色んな治療

腰痛闘病記⑮ 色んな治療

前回からの続きです。

前回を見ていない人はこちら→<腰痛闘病記①~⑭

若い時からの過激なスポーツと、ハードな仕事と、高いストレスとのコンビネーションで腰をシャレにならないくらい壊してしまいました。

腰が痛むだけでなく、両手・両足に痺れが出、歩行困難になり、私生活もままならない。うまくいっていたビジネスも売却し、仕事も出来ない体に陥り、精神的にも暗鬱な状態が続きました。

さすがにこりゃヤバイ、となって、色々と治療も試してみました。

・マッサージ
・指圧
・鍼
・カイロ(手技療法士)
・フィジオ(理学療法士)
・GP
・漢方
・接骨整骨
・気功療法…

たくさんの“先生”と言われる人と会って、救いを求めたのですが、効く治療もあれば、そうでないのもありました。

良い先生もいれば、そうでない先生もいました(予断ですがこの時の経験が今のお仕事にムッチャクチャに活きています)。

ただ、治るといっても一時的に楽になる程度で、根本的に治る治療法とはまだ出会っていませんでした。時間もかかるし、治療費の方もバカになりませんでした。

その頃のエピソードを一つ。

カイロに行った時の話しです。触診の後、背骨のモデルを使って先生が説明してくれます。

「えっと、しょうじ君の場合この骨がこちら側にこういう風にずれていて、この骨の角度が外側を向いていて、こちらの骨盤がこういう感じで…」

もうええ!っていうぐらいにモデルをグニョグニョゆがめて見せてくれます。

最終的に出来上がったその背骨はイビツに歪んでいて、それを見た時に、いかに自分の体を酷使し可愛がっていなかったのかを強烈に再認識しました。

何だか哀れで、情けなくって、泣きたくなるような気分になりました。

そこで「これが進行すると下半身不随になる」と言われました。実は最近この言葉をよく耳にし、言われるのはこの先生で3人目でした。こんな短期間に「下半身不随」というイヤな言葉を3回聞くのも結構珍しい体験でしょう。

「下半身不随」という言葉が妙に現実味を帯びて、身近に感じられ始めてきました。


CTRL+Dキーで「お気に入り」に追加を!!
関連記事
スポンサーサイト





☆☆☆☆☆☆シドニー・ゴスフォードで一番の治療院になります!骨盤矯正・腰痛・肩こり・姿勢矯正に!☆☆☆☆☆☆

Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~

Tel: 0413-342-991

Sydney Clinicのホームページ 

E-mail: shoji@shojimassage.com

チャンネル登録者20万人突破‼! Youtubeへ!!



シドニーのセラピスト しょうじの健幸サロン

覚悟
の瞬間 国際姿勢矯正セラピスト協会 杉森匠司




Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

杉森しょうじ

Author:杉森しょうじ

🇦🇺シドニー郊外タスコット在住

愛する妻、息子・ワンコたちと幸せに暮らしています。

国家公認マッサージ師として、クリニックをタスコットとシドニーにて運営

”根本から治す”を重視した施術を行っています。


おかげ様で、両院ともに地元の方々から圧倒的な支持を受け、“行列のできる治療院”と呼ばれています。
 

過去に酷い腰痛を長年抱え、たくさんのお金と時間を費やして完治させました。

そんなわけで辛い故障を持った患者様の気持ちは100%分かります。

ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛・腰痛・スポーツ障害・肩こりなどに苦しんでおられる方
一度、ご相談してみませんか?
 

姿勢そのものを改善させ、問題を根本的に解決させていただきます。

シドニークリニックのHP

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード